スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回参加活動「創造の森周辺環境整備事業」の第2回目を実施しました

第2回参加活動「創造の森周辺環境整備事業」の第2回目を実施しました


 3月17日、3回シリーズで行っている「創造の森周辺環境整備事業」の第2回目を実施し、今回は、桜並木の天狗巣除去などで汗を流しました。

130317soumori sakura01

 サクラの木の枝に宿木のように発生する「天狗巣病」は、サクラの代表的な品種である「ソメイヨシノ」でよく発生し、川沿いの場合、より発生率が高まると言われています。
 牛牧の桜並木もこの例にもれず、多くの発生が見られますが、これまで手を付けられたことはなく、課題となっていました。

 このため、今回の復活プロジェクトのなかで、この天狗巣を駆除することになったもので、この日は当会会員のほか、一般参加者を含めた10人が参加し、ねこぎぎ橋付近の並木に対して駆除作業を行いました。
 今回の作業には「樹木医」も参加しており、作業開始前にどの程度まで伐採するか簡単な研修を行ったうえで3人1班に分かれ、はしご、高枝バサミ、安全ベルトなどを使って作業を進めました。
 
 参加者のほとんどがこうした天狗巣を実際に伐採するのは初めてとあって、最初は見極めに時間がかかっていましたが、後半には眼も慣れ、作業の能率も上がっていったようです。

 こうして、この日は約30本の駆除が完了し、会長の終わりのあいさつでも「思ったよりやれた」と発言がありましたが、並木全体からみればまだ一部にとどまるため、次週3月24日にも同様の作業を行うことにしています。

130317soumori sakura03
▲ 天狗巣病がひろがったサクラの枝。この枝には花が咲かず、放置すると樹勢が弱まってきます。これほどはびこった枝は思い切って太い枝まで伐り戻しました。

130317soumori sakura02
▲ 作業能率は多少落ちても、安全ベルトをかけて作業を進めました。

130317soumori sakura04
▲ 伐採したあとには、傷口から腐朽菌が進入するのを防ぐため、癒合促進剤を塗ります。

130317soumori sakura05 
▲ 伐採した枝は軽トラックで軽く10台分もありました。

130317soumori sakura06
▲ 今回参加していただいた皆さん(他に女性1名)。お疲れさまでした。
スポンサーサイト

第2回参加活動「創造の森周辺環境整備事業」の第1回目を実施しました

第2回参加活動「創造の森周辺環境整備事業」の第1回目を実施しました

 3月10日、今年度第2回目のボランティア活動として「創造の森周辺環境整備事業」(3回シリーズ)の第1回目を実施し、『大人も子供も親しめる森に再生したい』という会員の思いから始まった整備事業が大きく一歩前進しました。

seibi1-y.jpg

 これは昨年6月から8月にかけて実施した「創造の森竹林整備」の延長として、『創造の森 復活プロジェクト』と銘打って実施したもので、ねこぎぎ橋上流約100m付近の渓畔林約2,000㎡の林内に周遊路を整備(林内整備)するとともに、3月17日、24日の両日には川浦川右岸の桜並木の整備も行うことにしています。

 3月10日の林内整備には、会員6人、一般3人、合わせて9人の参加があり、途中少し雨が降ったにも関わらず、昼食をはさんで終日、周遊路の整備に汗を流していただきました。作業はあらかじめ重機で大まかに開設した道の仕上げを中心に行い、大きな石をよけたり、急こう配の道には伐倒した木を使って横断溝や階段を設置したりと、参加者の工夫や思いを生かした内容で進められました。
 また、永年放置された“つる”を除去したり、倒木・枯損木を伐倒・玉切りして窪地に寄せ集め、歩きやすくする作業も行いました。
 周遊路は延長約100mとなり、途中で川浦川へも降りられるようになったため、“川べりの森”としての特長を生かせるような整備が進みました。
R0014076.jpg
▲ ”つる”や倒木を片づけました

R0014131.jpg
▲明るくなった林内

kaidan.jpg
▲ところどころに設置された階段は現地で伐倒した材を利用した手づくり方式

R0014089.jpg
▲ロケットストーブで作った豚汁が参加者に振るまわれました

 昼食時の空き時間には、“ペール缶を再利用したロケットストーブ”の制作実演も行いましたが、初めて目にするロケットストーブの機能や構造に参加者は興味津々で、「慣れれば30分で完成できる」との説明に『自分でも挑戦してみたい』と意欲を燃やす参加者もおられました。
danngi.jpg seisaku.jpg
▲ロケットストーブ談義で盛り上がる ▲「慣れれば30分でできる」との説明に関心を示す参加者
 
 今回の作業で、このエリア(南北約80m)についてはかなり整備ができたものの、創造の森全体からみればまだ一部にとどまるため、今後の進め方については、会員の意見もお聞きしながら進めたいと考えています。
120615 (4) R0014152.jpg
▲整備前(2012.6.15)                ▲整備後(2013.3.11)
 
※この事業は、「清流の国ぎふ森林・環境税活用事業」として行っています。

第1回参加活動「竹林整備&竹炭づくり体験」を実施しました

第1回参加活動「竹林整備&竹炭づくり体験」を実施しました


6月16日、今年度第1回の活動として「竹林整備&竹炭づくり体験」を実施しました。
これは、美濃加茂市北部の「創造の森」付近の川畔に伐採後放置された大量の竹を、大雨の前に少しでも片づけようと実施したもので、当日はあいにくの雨の中、13名の会員、一般参加者が集まり、整備作業に汗を流しました。
また、予定していた「竹炭づくりの材料準備」は次回以降に順延することになりました。

昼食メニューは春の山菜を使った「うこぎ飯」「りょうぶ飯」「わらびの卵とじ」に加え、地元伊深に伝わる郷土料理「常山」(くさぎと大豆を使った伝統食)と「焼きじゃが」で、参加者の多くは「聞いたことはあるが食べるのは初めて」と珍しい味を楽しんでいました。
今回は、身近にありながらまだまだ利用しきれていない「里山の恵み」の奥深さを再認識する機会となったようです。

午後からは参加者全員による意見交換会、正会員による定例会を行い、今後の活動方針などについて検討を行いました。会員からは「市民が憩える環境林整備としては不十分なので、もう少しこの森の整備を続けたい」との前向きな意見が多く出され、7月、8月に追加作業を行うこととなりました。

会では、次回からの整備作業が「創造の森」再生につながるよう、進め方を検討・提案し、より広く参加を呼び掛けたいと考えています。
なお、7月の作業は15日(日)、8:00~11:00を予定しています。(一般参加歓迎)
詳細は近日中にアップの予定です。

※今回の整備作業、広報において、「ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)」のご支援をいただきました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

作業中

雨中での作業に励む会員・一般参加者。中には県外から参加した魚類の研究者、森林関係機関の若い女性職員も含まれています。


IMG_1511 - コピー

「サライ読者大賞」の舞台となるなど、桜の名所として有名になった川浦川畔ですが、向こう岸には竹林が繁茂しているのがわかります。今回作業したのは、このうち最上流部。(09.4.3撮影)


昼食

郷土食に詳しい会員からの説明をきいたあと、昼食をいただきました。なじみの薄い食材とあって参加者の興味も津々で、採取時期や料理方法などについて突っ込んだ質問も飛んでいました。


DSC_2321.jpg

昼食会場の伊深自治会館(旧伊深村役場)。レトロな和洋折衷建築です。


DSC_2337.jpg

素朴ながら普段は味わえない味。右「うこぎ飯」 左:手前から時計回りに「わらびの卵とじ」「りょうぶのおしたし」「常山」「焼きじゃが」「うこぎのおしたし」。

DSC_2327.jpg

「りょうぶのおしたし」。 今回の準備の中で発見した食べ方でおすすめは”天ぷら”。今の時期は無理ですが、旬の若芽を摘んで揚げればコシアブラに匹敵するコクがあります。


DSC_2330.jpg

「うこぎのおしたし」。 地元では「おこぎ」と呼んでいました。色の濃さに似ずクセは少なく、しゃきしゃきした歯ざわりに特徴があります。


DSC_2323.jpg

「常山」。 手間がかかるため、食べる人も少なくなりましたが、くさぎ独特の臭いは全く消え、歯ごたえのある味わいになっています。


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。