スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニマづくり」に挑戦してきました

*管理人サトヤンからの投稿です。

 先日、「ニマづくり」に挑戦してきました。以下にそのようすを報告します。

 これは、県森林文化アカデミーの生涯学習講座のステップ3「つながる森サロン」活動の一つとして開かれたもので、2月の定例会で「訳あって伐った太い木があるけど、なにか利用法はないもんかね」とつぶやいた一人に、「それならニマってどう?」と応じたメンバーがあり、それからとんとん拍子に話が進み、1月後にはさっそく実現したものです。

 『ニマ』とはアイヌ語で「くり鉢」を意味し、アイヌ民族がニマを作る技法を指して「ニマ工法」と呼ばれているようです(私は初めて聞いたのですが)。

130312 ニマ作り 08 130312 ニマ作り 09
▲(左)指導者的立場のメンバーが先行して試作した作品(材 ヤマザクラ)
▲(右)本日の作品のひとつで荒々しさが魅力の大物。(材 コナラ)

 しかし、メンバーのなかに経験者がいるわけでもなく、皆の汗や知恵や技術を出し合って手探りでの挑戦となりました。

 また、集まった材もまちまちで、クスノキ、ヤマザクラ、ヨメイヨシノ、コナラ、カシノキ(アラカシ)などから参加者が好きな材料を選び、自由なデザインで彫りすすめ、ほぼ6時間かけて1日目を終了しました。

 なかには完成までたどり着いた人もいましたが、大半は荒彫りまでで、完成は次回に持ち越しとなりました。

130312 ニマ作り 02
▲最初の木取りと縦挽きにはチェンソーを使用。

130312 ニマ作り 04
▲長さ60cm以上の大作に挑むメンバーも(彼は大工さんで本職です)

130312 ニマ作り 06
▲平らな面の削りには「うま」が威力を発揮。

130312 ニマ作り 03
▲できるだけ機械を使わず、手作業で彫り進む。(材 クスノキ)

130312 ニマ作り 07
▲アカデミーの設備や道具を借用しての制作風景。

130312 ニマ作り 11
▲材料、形、大きさとも個性的な作品群

 今回の参加者はみな、木が好きな人たちが集まっているので当然といえば当然ですが、あまり手にすることのない丸ノミをひたすら動かし続けたあと、「一日没頭できて楽しかった」、「木の匂いに包まれて作業ができてうれしかった」など、声をそろえてその楽しさを語っていました。

 私自身は、材料の多くを提供した立場から、娘を嫁に出す親(その経験はありませんが)のような気持ちで、自分の山から伐り出した材がこんな形で長く使われることになりそうだという、そちらの方に軽い感動を覚えたものでした。
 
130312 ニマ作り 12
▲1日目の制作を終えて満足げなメンバーたち(あと4人が早退、撮影者が1人で合わせて14人の参加がありました)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。