スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回参加活動「創造の森周辺環境整備事業」の第2回目を実施しました

第2回参加活動「創造の森周辺環境整備事業」の第2回目を実施しました


 3月17日、3回シリーズで行っている「創造の森周辺環境整備事業」の第2回目を実施し、今回は、桜並木の天狗巣除去などで汗を流しました。

130317soumori sakura01

 サクラの木の枝に宿木のように発生する「天狗巣病」は、サクラの代表的な品種である「ソメイヨシノ」でよく発生し、川沿いの場合、より発生率が高まると言われています。
 牛牧の桜並木もこの例にもれず、多くの発生が見られますが、これまで手を付けられたことはなく、課題となっていました。

 このため、今回の復活プロジェクトのなかで、この天狗巣を駆除することになったもので、この日は当会会員のほか、一般参加者を含めた10人が参加し、ねこぎぎ橋付近の並木に対して駆除作業を行いました。
 今回の作業には「樹木医」も参加しており、作業開始前にどの程度まで伐採するか簡単な研修を行ったうえで3人1班に分かれ、はしご、高枝バサミ、安全ベルトなどを使って作業を進めました。
 
 参加者のほとんどがこうした天狗巣を実際に伐採するのは初めてとあって、最初は見極めに時間がかかっていましたが、後半には眼も慣れ、作業の能率も上がっていったようです。

 こうして、この日は約30本の駆除が完了し、会長の終わりのあいさつでも「思ったよりやれた」と発言がありましたが、並木全体からみればまだ一部にとどまるため、次週3月24日にも同様の作業を行うことにしています。

130317soumori sakura03
▲ 天狗巣病がひろがったサクラの枝。この枝には花が咲かず、放置すると樹勢が弱まってきます。これほどはびこった枝は思い切って太い枝まで伐り戻しました。

130317soumori sakura02
▲ 作業能率は多少落ちても、安全ベルトをかけて作業を進めました。

130317soumori sakura04
▲ 伐採したあとには、傷口から腐朽菌が進入するのを防ぐため、癒合促進剤を塗ります。

130317soumori sakura05 
▲ 伐採した枝は軽トラックで軽く10台分もありました。

130317soumori sakura06
▲ 今回参加していただいた皆さん(他に女性1名)。お疲れさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。